PRODUCER砂像プロデューサー

保坂俊彦氏フォト

サンドクラフトinみたね 砂像プロデューサー

保坂俊彦(ほさかとしひこ)

日本の彫刻家 東京藝術大学 美術学部 彫刻科卒

日本に数少ないプロ砂像彫刻家のひとり。

砂では難しい人体や動物の表現力に優れている。

”創る”砂像は創造性に溢れ、観る人は彼の感性に引き込まれる。彫り口は繊細で、完成までの製作を見ているだけで時間が経つのが早い。彼が手がけるひとつひとつの砂像が、まるで命を吹き込まれているかのようだ。

秋田県能代市生まれ。母親が三種町出身だった縁により、学生時代サンドクラフトinみたね(当時サンドクラフトin八竜)での砂像製作がきっかけで、彫刻家としての道を志す。

2008年、ドイツで開催された世界選手権大会(USF World Championship at Sandfestival Ruhr)においてソロ部門第3位を獲得、また東日本大震災後の2011年に台湾で開催された「台湾福隆国際砂彫刻芸術季」では、台湾からの多大な支援に対する感謝の砂像を制作、現地メディアに広く取り上げられた。また、同地で2012年に開催された台湾初の砂像世界大会にて、審査員を務めている。

さらに2016年には中国 武漢で開催された国際大会で第2位を獲得。彫刻家として、その地位を築き上げている。現在、毎年三種町で砂像制作をする他、国内・海外からの依頼が殺到し、多忙を極める。

サンドクラフトinみたねでの、保坂俊彦の砂像の世界観を是非ご覧いただきたい。